キュウコンサンドパン展開について

今回は霰パの代表的な並びである「キュウコンサンドパン」について説明していこうかなと思います。

 

基本的にはキュウコンオーロラベール・アンコール等で起点を作り、サンドパンのゆきかきによるS上昇と剣の舞で火力を上げ氷・鋼・地面・岩という優秀なタイプで上から制圧していくのがセオリーです。

 

キュウコンの豊富な補助技やサンドパンの独特の技範囲から多彩な展開をできることがこの組み合わせの最大の魅力と僕は考えています。

 

今回はその展開の仕方について大きく3パターンに分けて紹介していこうと思います。

 

1.サンドパンフィニッシャー展開

選出例 1体目 削り・崩し意識のポケモン

            2体目 キュウコン

            3体目 サンドパン 

 

イメージとしては1体目で場を荒らしキュウコンで場を整え相手が疲弊したところをサンドパンでトドメを刺すといった感じ。

 

 1体目の候補としてはこちらの先発キュウコン読みで出てくるバレットパンチ持ち(ハッサムメタグロスルカリオ等)や挑発持ちコケコなどに強いポケモンがオススメ。またバシャーモ入りに対してはサンドパンを展開する前に加速されないようバシャーモを倒すあるいは引かせることのできるポケモンが必要になってくる。

 

サンプルポケモン

メガリザードンX 慎重HD

フレアドライブ  かみなりパンチ 羽休め 竜の舞

○前述したポケモンに強く、リザードンYにも後出しが効く。またサンドパンが誘う水耐久ポケモンも起点にできるため崩すだけでなく自身もフィニッシャーとして活躍できる。

 

ギルガルド@食べ残しor ゴーストZ

シャドーボール 毒毒 身代わり キングシールド

(ゴーストZの場合身代わりの枠は何か好きな技に変更)

○前述したポケモンに強く、霰パの天敵であるポリゴン2に圧倒的強さを誇る。ポリゴン2に対する性能を考慮すれば食べ残しだが、メタグロスに対して強く出たい場合はゴーストZ推奨。

 

アシレーヌ@アシレーヌ

うたかたのアリア ムーンフォース めざ炎 アクアジェット

バシャーモ入りの際に鬼のような強さを発揮するポケモン。また両方のリザードンも対面から処理できる点やハッサムにも強く、ポリゴン2もZにより無理やり処理できるので非常に評価が高い。

 

キュウコンの型についてはサンドパンがフィニッシャーのため、サンドパンが長く居座ることから持ち物の冷たい岩は確定。

技については起点作成のためにオーロラベールは確定。

そして火力が無いために起点にされやすいので凍える風とアンコールor吠えるも確定。

技のラスト一枠についてだが、冷たい岩のおかげでたとえキュウコンが即死しても霰ターンは充分に確保できているため特攻に努力値を割く余裕があるので、サンドパンを止めにくる水耐久に対するフリーズドライや単純に高火力で使いやすい吹雪等が候補に上がってくる。

 

サンドパンの型についてはフィニッシャーのためなるべく上から叩かれないように陽気推奨。

陽気でないと最速スカーフテテフに上からめざ炎で叩かれたり、1加速した最速メガバシャーモに勝てないので注意。

持ち物は陽気のため仮にZクリスタルを持たせた場合剣の舞をしないとどうしても火力不足が目立つのと、1体目の削り・崩し役のポケモンにZクリスタルを持たせることが多かったため、個人的には平均的な火力が上がるいのちのたまが最有力候補。

技はメインウェポンであり襷貫通のつららばり、氷の通らない鋼に対する地震、火力アップの剣の舞は確定。

ラスト一枠についてはリザードンが重く感じるのであればいわなだれだが、リザードンが特に重く感じない場合は足りない火力を怯みワンチャンで解決できるのと、フェアリーに対する打点からアイアンヘッドがオススメ。

 

この展開の強み

○先手にキュウコン読みで出てくるポケモンに強めのポケモンからスタートできることから初手からアドバンテージを取った状態になりやすく序盤から安定したゲームメイキングがしやすい。

この展開の弱み

サンドパンの運用よりも1体目のポケモンをどのように運用するかが重要であり、先の展開を予想して1体目のポケモンを仕事させなければいけないのと、相手の出してくるポケモンを予想してしっかりと選出する必要があり3つの展開の中で1番運用する難易度が高い。

 

2.サンドパン崩し展開

選出例1体目 キュウコン

           2体目 サンドパン

           3体目 高速アタッカー

 

先手のキュウコンオーロラベールを貼りサンドパンに対して出てくる耐久ポケモンを無理やり剣の舞からのZ技でぶっ壊し、耐久ポケモンがいなくなったところを高速アタッカーでフィニッシュするという展開。

 

キュウコンの型はサンドパンが長く居座る必要がなく、またキュウコン自体に退場技が無くオーロラベールを貼ると退場が難しくターン数を節約するために持ち物は脱出ボタンがオススメ。

努力値振りについては脱出したあと3体目の高速アタッカーを展開する前に2回目の起点作成ができると安定するためHS振りがいい。

技に関しては従来通りオーロラベール、アンコール、凍える風までは確定でラスト一枠は耐久に降ることから吹雪やフリーズドライでの打点が見込みづらいので絶対零度

 

サンドパンの型は崩しということで火力を確保するために性格は意地っ張り。

持ち物はZクリスタルによって瞬間火力を確保していくのだがタイプについてはスイクンやその他の水耐久に程よく刺さるジメンZか、クレセリアに対して打点がありレヒレ等の水フェアリーもまとめて吹っとばせるハガネZあたりが候補にあがってくる。

技はつららばりアイアンヘッド地震、剣の舞でほぼ確定。

例外でシーズン1はギャラドステッカグヤを吹っ飛ばすためにつらら落とし+コオリZが採用されていたが、飛行耐久ポケモンが流行っている場合はこのような型にしてもいいと思う。

 

3体目の高速アタッカーについてはサンドパンが倒された後に展開するためサンドパンを倒しうるポケモンに対して強いポケモンであることが条件。

候補としてはサンドパンとの相性補完に優れ竜の舞からの高火力高速アタッカーとなり得るメガボーマンダギャラドスがオススメ。

 

この展開の強み

サンドパンの対策を耐久ポケモンに任せているPTに対して強く出れるためキュウコンサンドパン選出がしやすく構築としてのパワーが出しやすい。

○展開の仕方が起点作成→積み→起点作成→2体目の積みのパターンが大半のためプレイングがとても簡単。

 

この展開の弱み

キュウコンオーロラベールから始動することを前提としているため、オーロラベールを決められないと崩れやすい。また先手キュウコンを出すことを読まれやすいので不利なゲームスタートが多い。

 

3.選出誘導展開

 

正しくはキュウコンサンドパンの展開ではないが、キュウコンサンドパンの選出誘導能力を活かし相手が出してくるポケモンに対して刺さるポケモンで展開するというもの。

天候パはすることが分かりやすいがその分相手の対応手段も分かりやすいためそこを逆手に取ればどの展開よりも一方的に容易に勝つことが可能な展開。

構築を組む上でキュウコンサンドパンに対して相手が出してきやすい先発ポケモン、裏に控えていることが多いポケモンをしっかりと把握して構築することが求められてくる。

 

先発に出てきやすいポケモン

リザードン

ハッサム

バシャーモ

メタグロス

ルカリオ

ゲッコウガ

ギルガルド

カプ・コケコ

ウツロイド

フェローチェ

 

裏に控えていることの多いポケモン

ヤドラン

ポリゴン2

バンギラス

スイクン

クレセリア

ナットレイ

アシレーヌ

カプ・レヒレ

 

(個人的にKPが高めだと思うものをチョイスしました)

 

オススメのポケモン

 

○バトンメガバシャーモ+弱保バンギラス

先手で出てきやすい鋼や高速低耐久ポケモンメガバシャーモで牽制しつつサンドパンを受けるために連れてきた水ポケモンを相手はバシャーモに対して投げるのでそこを加速バトンからの弱保バンギラスで無理やりぶっ壊し風穴を開けたところでメガバシャーモを通す展開。

 

メガライボルトランドロス+高速移動デンキZ霊獣ボルトロス(くさむすび、めざ氷持ち)

相手の出してきやすい先発ポケモンに対して強く万が一不利対面でも逃げれるメガライボルトから始動し、ライボランドのサイクルで相手を疲弊させた後高速移動ボルトロスで全抜きする展開。

ボルトロスにめざ氷とくさむすびを持たせたのは電気2体構成なので飛んでくるであろう地面タイプを意識し、万が一途中で全抜きに失敗しても地面タイプポケモンだけは処理して再び2体目の電気であるメガライボルトを通すことを意識したため。

サンドパン意識で水耐久ポケモンを選出されることが多いのでこの選出で相手のポケモンを1体腐らせることができるのがこの展開の強み。

 

最後に

サンムーンから登場したキュウコンサンドパンは使用者が少なくまだこれといったテンプレートが確立されていないため、考察しがいのある戦法だと思います。

僕自身の考えを拙い文章で書いただけで、もしかしたら同業者の方から「書いてあること微妙だな(⌒-⌒; )」って思われる内容かもしれませんが、これを機にキュウコンサンドパンに興味を持って使用者が増えてくれたらいいなと思います。

 

 

質問等は@you_star_1123までお願いします。